頭のオカシイ昭和の教師TOP3【実体験】

昭和には、マジでコイツ頭オカシイんじゃないかと思うような教師が存在した。
その中でも、私が高校生の頃に遭遇した頭のオカシイ教師をランキング形式でお送りします

まさ

懐かしい思い出です

アシ美

高校は楽しかったのですか?

まさ

聞かないでください

アシ美

いったい、
どんな高校だったんですか?

まさ

漫画で例えると
「今日から俺は!!」の・・

アシ美

軟葉高校みたいな!

まさ

いえ
「開久高校」の方です

アシ美

ち~ん・・

目次

第3位、生物の教師C

何故か私が通っていた高校には、たくさんのハトが住み着いていた
校舎と校舎の2階と3階は、鉄柵の渡り廊下で繋がっていて、ハトがそこに大量のフンをしていた。
ある日、私が学校に着くと、
その鉄柵に何かがぶら下がっている。
確か、3つほどぶら下がっていた。
校舎に入るために、どんどん渡り廊下に近づいて行くと、それはハトだった。
ハトの死骸が紐で吊るされていたのである。

「うわっ、気持ち悪っ・・」

その日の生物の授業は、教師C
教師Cは、どう見ても60代くらいのじいさんだ
じいさんは、授業が始まるなり
「ハトがフンしやがるから、首くくって吊るしてやったで、これで寄ってこんくなるやろ」
ものすごく得意げに言い放った。

コイツの仕業かっ Σ(・ω・ノ)ノ!

それから、毎日ハトの絞首刑を見るコトになるのであった。
学校からハトがいなくなるまで・・・

第2位、社会科の教師B

今日の3時間目は現代社会だ。
現代社会の教師Bは、教員免許を取って初めての赴任先が、この高校で
若い男性教師である。

教師Bは教室に入って来るなり
「はらへった~、今日めっちゃ腹減っとるんやてー!」
こいつ、いきなり何言っとるんや?

クラス中が、教師Bの動向に注目していると
教壇の前の席の生徒に話しかけた
「お前、弁当か?」
「あっ、いえ、パン買って食べます」
となりの席の生徒に話しかける
「お前は?」
「弁当です・・・」
すると、教師Bは
「どんな弁当や、見せてみろ」
と言うと、その生徒のカバンから弁当を取り出し
「う~ん、いまいちやな」
何て失礼な奴なんだ。

そいつの、かーちゃんに謝れ!

そして、次々と弁当を物色しだす
「おっ、うまそうやな・・これもらうわ」
クラス中がざわめきだす。

何だこの光景は、
教師が授業中に生徒の弁当を教壇で食っている。
それをクラス中が見守っている。

何だ、この光景は・・・
漫画でも見たことないぞ

弁当を食い終わった教師は満足そうに
「昼休みに、職員室に来い」
と生徒に言って、その後は何ごともなかったように授業を始めた。

お昼休み・・・
弁当を教師に食われた生徒は、給食センターの弁当を手に持って
職員室から戻って来た。

良かったね、お昼ご飯食べれて
クラス中が、安堵の表情につつまれた。

第1位、英語の教師A

英語の教師A、見た目は40代くらいの男性教師である。
教師Aのエピソードは、一つ一つは大したコトではないのだが、色々あるので
合わせワザで1位にしました。

エピソード1. めんどくさがり

この教師Aは、とにかく「めんどくさがり」である。
だから、余計な事は一切しない

席替えをしない

1年間ずっと同じ席で、出席番号順のままである。
しかも、出席番号は「あいうえお順」なのだが、それも少し間違っていたりもする。

掃除当番の場所を変えない

1年間ずっと同じ場所を掃除します。
しかも、場所の決め方も、教室の席の
窓側の1列は、「窓掃除」
次の2列は、「教室掃除」
廊下側の1列は、「廊下掃除」
という具合である、異論は一切認めない。
というよりも、何も言えないオーラを纏っていた。

私は2学年、教師Aが担任だったので
2年間「窓掃除」でした。

エピソード2. ガラス代

ある時、クラスメイト2人がふざけあっていて、教室のドアのガラスを割ってしまいました
割れているのはバレバレなので、2人は潔く教師A(担任)に報告しました。
特に怒られることはなかったのですが、
後日、教師Aは
「おめーらが割ったんやで、弁償しろよ」と言いました。
それ、生徒が弁償するものなの?とも思いましたが、
私立の高校なので、そういうモノなのかも知れないとクラス中は納得した雰囲気でした。
ガラス代、ひとり1万な」2人なので2万円です。
教室中がざわめき
「高い・・」誰かが言いました。
「うるせぇ!!」
教師Aの一言で、クラス中は納得?した雰囲気でした。

エピソード3. 成績表

成績表
私の高校の成績表は、各教科の先生が成績欄に10段階で鉛筆で数字を書き込んだものを
担任の先生が、あとから数字のハンコをうっていきます。

何でそんな事を知っているんだ?と思ったでしょう。

ある、学期末の休憩時間、学級委員が教室の自分の机で何やら作業をしていました。
数人が、学級委員の机のまわりに集まっていたので
ちょっと気になって、学級委員に聞いてみました
「〇〇君、何やっとるの?」
「教師Aに、これやっとけって言われた」

はい、もうお分かりですね。

学級委員がクラス全員分の、
成績表のハンコを一生懸命うっていました。
当然、クラス全員分の成績まるわかりです。
しかも、教室で作業しているので、誰でも見放題です。(笑)

まあ、アホな高校なので、誰も成績なんか興味ありませんが、学級委員が気の毒でした。

高校を卒業後

高校を卒業してすぐ、長い休日でウキウキの朝方、〇〇新聞から私の家に電話がかかってきました。
「〇〇新聞ですけど、まささんは、□□高校の3年△組の卒業生でしょうか?」
「はい、そうですけど」
「担任の教師Aが、生徒に成績表を付けさせているという事ですが、そのような事実はございましたか?」

誰かがチクりやがった~wwwww

教師Aは、めちゃくちゃ嫌われていたので
自業自得です

数日後、見事に新聞に載りましたとさ

めでたし、めでたし・・・

あとがき

自分の中では、この高校の3年間は人生の中で、もっとも戻りたくない3年間です。

私は、アニメが好きだったので、高校というものに、物凄くあこがれていました。
それが、人生最悪の3年間を過ごすことになってしまいました。

まさか、男子校に入るなんてね(T_T)
「じゃあ、何で受験したんだ」と言われそうですが
入学試験を受けに教室に入るまで、男子校だと知らなかったんです!!

アシ美

学校のパンフレットとか
貰いませんでしたか?

まさ

貰いましたけど

アシ美

それを見れば、
わかりそうなもんでしょ

まさ

私を、舐めないでもらいたい
そんなもん、見ずにポイーですわ

アシ美

あなた、人生を舐めてますよね

まさ

何を言ってるんですか!
その選択をしたからこそ
今の子供たちが居るんですよ!

アシ美

その選択をしなくても
子供はいるでしょう

まさ

私は今、
「私の横で楽しそうにゲームをしている息子」
がいいんです

アシ美

何かイヤな予感がするので
さよ~なら~

ブログ村のバナーをポチッとしてもらえると、飛び跳ねます

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね (´艸`*)

コメント等、お気軽にどうぞ ( ̄▽ ̄)

コメントする

目次
閉じる